イチョウ葉エキスの効果・効能

この記事の所要時間: 326

イチョウ

イチョウ葉エキスの人気がじわじわと高まってきているのをご存知でしょうか。

イチョウ葉エキスにはフラボノイドとギンコライドという2つの成分が含まれています。そん

なイチョウ葉エキスにはどんな効果・効能があるのか纏めてみました。

○イチョウ葉エキスとは

イチョウ葉エキスとは、イチョウの葉のエキスだとは想像がつくかと思います。イチョウと聞

いて銀杏が思い浮かぶかと思います。イチョウは、約2億5千年も前から存在していた植物と言

われており、樹齢も千年以上ある生命力の強い木でもあります。そんなイチョウの葉を乾燥さ

せてアルコールなどで有効成分を抽出させたものがイチョウ葉エキスです。この有効成分の中

ポリフェノールの一種フラボノイドやギンコライドが含まれており、世界中で注目されてい

る素晴らしい成分でもあります。

ginkgo

フラボノイド

フラボノイドは天然の有機物。黄色の色素でポリフェノールの一種で、血液の流れをよくする

働きがあります。同時に血管を強くし、血糖値を正常に保つ効果も期待できます。そんなフラ

ボノイドはイチョウ葉エキスの中に30種類以上含まれています。その中には特殊なフラボノイ

ドの”二重フラボン”と言うのが含まれており、これは2つのフラボノイドが重なった成分

で血液循環の効果は約3倍あると言われています。

ギンコライド

ファイトケミカルの一種、ギンコライドは記憶力や集中力を高める働き、血管に血栓ができる

ことで血管が詰まる病気を防ぐ働きをします。アレルギー症状の改善にも役立ちます。
ここでは、イチョウ葉エキスの効果を脳・血管・アレルギーの3つのジャンルにわけて説明します。

○脳に効く

能

イチョウ葉エキスは集中力や記憶力を良くする効果があります。それは、脳の血管の流れをよくすることで脳の隅々まで栄養がいきわたるからです。
特にイチョウ葉エキスに含まれるギンコライドは認知症の予防に効果的とされています。それについての研究が進んでいるところです。
現時点では、ギンコライドは脳の短期集中を助ける働きをする部分で、アミノ酸を増加させる働きをすることがわかっています。

○血管に効く

イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドには血流をよくする働きがあります。偏食や睡眠不足による体調不良は、血液の流れとも関係しています。
悪玉コレステロールが血液中で酸化した場合、粘性を持ちます。血液がどろどろしていて流れが悪いと、スムーズに栄養を運ぶことができません。それは細胞の老化や貧血、癌などさまざまな病気の原因となり得ます。

○アレルギーに効く

アレルギー

アトピー性皮膚炎や花粉症を緩和する効果もあります。
アレルギーを引き起こす原因となるのは血小板活性因子です。イチョウ葉エキスは血小板活性因子の働きを抑制する働きがあるのです。
ただし、イチョウ葉エキスのはギンコール酸というアレルギー物質が含まれており、体質的にこれが合わない人は逆にアレルギーを起こしてしまうこともあります。
サプリメントでイチョウ葉エキスを服用する際には、ギンコール酸が含まれていないものを選ぶ方が良いでしょう。

まとめ

イチョウの木は2億5千万年以上前からこの地球の存在していたといいます。それは、私たち

が地球に生活するようになる前から存在していたことになります。

長い歴史を持つイチョウには、生きていくのに必要な成分が多く含まれているということ。そ

れがわかったのは1960年代と、実はごく最近のことです。

ドイツで注目され始めたイチョウの葉エキスですが、その後ヨーロッパ全土でその研究が開始

されました。すでに海外に数十カ国では医薬品として認可されています。日本では現在サプリ

メント等で販売されていますが、近い将来日本でも、その効果が注目され、医薬品として活用

される日は、そう遠くないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加