イチョウ葉エキス:物忘れに効果

この記事の所要時間: 323

イチョウ葉エキス

最近、物忘れに困っていらっしゃいませんか?イチョウ葉エキスが物忘れに効果ありという噂を耳にいたしまして早速調べてみることにいたしました。

何故?忘れてしまうのか?

人は、ストレスがたまると何かと忘れやすくなるようです。それは、一体なぜなのでしょうか?ストレスにさらされている状態というのは、集中力が続かなかったり、集中できないことから、目の前で起きている事をきちんと理解することも難しくなったりします。覚えている事が難しくなったりもします。また、特に強いストレスにさらされた時などは、記憶が無くなることさえもあります。極端な例が記憶喪失になるでしょう。

記憶というのは、脳の海馬というところで作られ、電気信号で脳内の記憶保管庫に留まるのだそうです。しかしストレスによりそこに別の信号が入ってしまうことにより、記憶が正確に作られなくなってしまうようです。

睡眠不足の人は、物忘れが多いといわれます。睡眠を取れていないと、身体の疲れがとれないばかりではなく脳が脳細胞の修復や記憶の整理などが行えません。人は脳や体の疲れを睡眠により休ませますが睡眠不足だと特に、脳の大切な器官である海馬を衰えさせる原因となるのだそうです。睡眠不足で脳細胞が修復できない状態が続くと海馬がダメージを受けて脳の働きが低下します。

加齢も物忘れの原因です。脳細胞は年齢を重ねるごとに減少します。脳の老化が始まるのは、20代からでそれを境に脳細胞は減少していき記憶力も低下していきます。

また、近年の食生活の欧米化により脂質飽和脂肪酸・コレステロールを摂りすぎてしまうことが増えたからともいわれています。これらを摂りすぎることによって、認知症のリスクが高まるという報告もあるようです。

短期記憶の物忘れは、記憶力や集中力、注意力の低下など、脳の老化にともなう場合が多いのですが、重度の物忘れの傾向がある人は、認知症やうつ病などの病気が原因になっている可能性も考えられますのでその場合は病院などで一度相談した方が良いかもしれません。

●物忘れの原因

脳の老化、ストレス、睡眠不足、食生活などの影響など

●病気が原因となる場合

アルツハイマー型認知症、若年性認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、若年性健忘症、老人性うつ病、脳梗塞など

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスの効果

物忘れやボケなどは様々な要因が重なり合って引き起こされます。中でも脳血流が大きな要因を占めているといわれています。イチョウ葉エキスには、脳血流を増加させる働きがあります。人の体で最も酸素を多く消費する臓器は脳で糖質のみを栄養源として活動しています。そしてこのどちらもが血液によって運ばれるために血流量が低下することは、脳にとっては致命傷です。物忘れにしてもこれらの問題が強く関わっていると考えられます。 イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドには、血管拡張効果・血管修復効果・血流促進効果などがあり、血管を拡張させて血流量を増加させます。抗凝固作用により毛細血管に血栓などが詰まるトラブルを予防します。脳の隅々まで血液を行き渡らせる効果が期待できます。脳機能低下の予防にもなります。

脳梗塞が物忘れの原因として疑われる場合には、イチョウ葉エキスが良いといわれています。イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドとテルペンラクトンには、脳梗塞にたいしての予防や改善効果に期待が持てるからです。

つまり、イチョウ葉エキスからの効果というのは、血流を改善することから、脳の血流にも影響し、集中力や記憶力の改善に繋がるからではないのでしょうか?

まとめ

物忘れは、確かに年齢と共に増えてくる傾向があると思います。私の両親も70歳を過ぎてその様な場面が増えてまいりましたね。しかし、性格もある様な気はいたします。現在の年齢は公表できませんが、子どもの頃から本当にスーパー天然なボケっぷりをかましていた私は一体どうなるのでしょうか?イチョウ葉エキス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加