ギムネマは糖に効果あり

この記事の所要時間: 322

ギムネマ

ギムネマは、ダイエット好きの方ならば、聞かれたことがあるのではないのでしょうか?ギムネマには、に対しての素晴らしい効果があるようです。

ギムネマとは?

ギムネマは、2000年近くにわたり糖尿病の治療用の薬草として利用されてきたらしいです。キョウチクトウ科(旧ガガイモ科)に属する多年生のつる植物で、ギムネマというのは通称で「ギムネマ・シルベスタ」が正式名となります。また、別名でグルマール(ヒンズー語)とも呼ばれ、グルマールとは、「糖を壊すもの」という意味になるそうです。和名は「ホウライアオカズラ」、生薬名では「匙羹藤/シャカトウ」「武靴藤/ブカトウ」などがあります。他にもカウプラント、オーストラリアカウプラント、グルマリ、グルマルブーティ、木のプロペリカなどの名があるようです。インド南部を中心に、インドネシア、中国南西部など熱帯から亜熱帯地方にかけて広く自生しています。 岩の多い丘陵地の樹木にからみつくように生えているそうです。

ギムネマの葉を噛み続けると甘味を感じなくなるそうです。これは、ギムネマ酸という成分により起きる現象らしいです。ギムネマ酸とは、ギムネマの葉から抽出される配糖体になります。ギムネマ酸には、小腸内で糖分の吸収を抑えるという働きがあります。また、グルクロン酸というブドウ糖に似た構造の物質を含んでおり、舌の味蕾(みらい)にある甘味を感じる部分に結合して、その感覚を麻痺させるという働きもあります。ギムネマ酸のこの働きは、健康維持や糖に関連した病気予防や改善にも役立てられています。

ダイエット

糖尿病の予防に

インスリンは、全身の細胞にブドウ糖をとり込ませ肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲンが合成されるのを促進し、貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します。糖尿病は、膵臓で作られるホルモンのインスリンの不足によって引き起こされる慢性の高血糖状態を主な症状とする代謝異常です。ギムネマを摂取することにより、糖分の吸収を抑えることができれば血糖値の上昇を抑えることができます。ギムネマは、糖尿病の予防の効果に期待がもてるのです。

肥満の予防

ギムネマには,、皮下脂肪タイプの肥満とや内臓脂肪タイプの肥満のような溜まってしまっている脂肪分を除去していくという効果があるそうです。ギムネマは、摂りすぎた糖分を中性脂肪として体に蓄積されにくくする働きがあり、小腸内で糖分の吸収を抑えるので血糖がエネルギーとして活用される率が高まります。このように余分な糖分を体の外へと排出させる働きがあるために結果、肥満の予防にも繋がります。

~血中のコレステロールの低下~

ギムネマには、総コレステロールの中世脂肪を低下させる働きがあることも確認されていま。

※糖というのはブドウ糖のことをいいます。炭水化物(ご飯、パン、麺類、イモ類など)が胃や腸で分解されて出来るのがブドウ糖になります。ギムネマ酸は小腸でのブドウ糖の吸収をブロックするという働きにより、ダイエットに効果があるといわれています。

※関連記事~うわさのギムネマダイエット~

便秘を解消する

ギムネマは、糖分の吸収を抑えますので吸収されなかった未消化物は、食物繊維と似た働きをしてくれます。便の量を増えることで腸を刺激しますので便秘を改善する効果に繋がります。

健康

虫歯を予防する

虫歯は糖から歯垢の原因になるグルカン(ブドウ糖から構成される多糖類の総称)を合成することによって発生します。虫歯菌が糖を認識すると、グルカンを作ります。このグルカンが歯垢の原因になるのです。ギムネマは、虫歯菌によるグルカンの合成を抑える働きがあるために虫歯の発生を予防することができるのです。

まとめ

ギムネマの名前は知っていましたが、ダイエット系のサプリに入っているからダイエットに効果のある成分なのだろうという程度でした。個々の成分の働きを知ることの大切さを感じました。成分の働きと特徴を知っていれば更に効果的な飲み方ができますものね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加