EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

この記事の所要時間: 258

EPA

EPAという物質名を聞いたことがあるでしょうか?正式名称をエイコサペンタエン酸というこの栄養素には、さまざまな効果効能があるとされ、医療用医薬品としても活用されているものとなります。果たしてEPAには、どのような効果や効能があるのでしょうか?

EPAとは

EPAとは、Eicosapentaenoic Acid(エイコサペンタエン酸)の略で、同じ不飽和脂肪酸の仲間でもあるDHA(ドコサヘキサエン酸)と並んで人気の脂肪酸でいわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれています。EPAは体内で生成することが殆ど出来ないため、必須脂肪酸とされています。

EPAの発見は1960年代にデンマークのイヌイット(ツンドラ地帯に住む先住民)を調査したときに注目された成分です。注目された訳は、肉食を中心としたイヌイットの人々は、同じ肉食を中心としたヨーロッパの人々より、心筋梗塞で亡くなる方が非常に少なく。イヌイットの人々は他のヨーロッパの人々と比べるとEPAが血液中に含まれている量が多かったことです。これは青魚をエサとして食べているアザラシを主食としていることがEPAの量の違いとされています。

血液をサラサラにして生活習慣病の予防に効果を発揮

EPAには、血液をサラサラにする効果があります。これは、EPAの持つ中性脂肪を下げる働きや、悪玉コレステロールを減らす効果と大きな関係があるのです。また、血小板凝集を抑える作用があることが、医学的に証明されております。これは結果として、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立つのです。このように、EPAは循環器系の病気の予防や健康維持に効果がある栄養素なのです。

直接的ではないものの、血液がサラサラになることによって、冷え症などの改善につながる効果も期待できます。また、近年では、EPAを摂取することによってGLP-1ホルモンの分泌も促されることがわかっており、ダイエットの効果も期待できるとされています。

動脈硬化

脳の血流アップで脳卒中も防ぐ

EPAの血液サラサラ効果は、脳の健康維持においても効果的です。血栓ができにくくなる働きもあるため、脳卒中などの予防にも効果がみられるのです。また、脳内の伝達物質を正常に分泌させることにもつながることから、ストレスの軽減やイライラの緩和にもつながり、精神的な安定へとつながるとも言われています。近年では、うつ病やアルツハイマー病などの改善にもつながると期待されている栄養素なのです。

炎症や痛みを抑える効果もある

EPAには、炎症などを抑える効果もあるとされています。これは、炎症やアレルギー症状、痛みなどを起こす物質であるプロスタグランジンという成分の生成を抑える働きがEPAにあることが関係しているといいます。このことにより、アトピーや花粉症などの症状緩和につながるほか、生理痛時の痛みなどの緩和にもつながるとされているのです。このようなEPAの持つ抗炎症作用は、さまざまな病気の予防にもつながると期待がされているのです。

このように、EPAには中性脂肪を減らし血栓を予防するなどといった、血流に関係のある効果が多くあります。EPAは血液脳関門を通り抜けることはできないため、直接脳に働きかけることはできませんが、脳内の血流を良くすることはさまざまなメリットがあるのは確かです。

まとめ

よく、同じ青魚から摂取できるDHAと混同されがちな栄養素ではありますが、効果・効能については微妙に異なることを知っておくと便利でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加