DHA・EPAの違い

この記事の所要時間: 258

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)にはそれぞれ、血液をサラサラにする働きがあるほか、魚など同じような食品から摂取ができることから、特に違いのない栄養素だと思われている方もいらっしゃるかも知れません。しかし、実はそれぞれの持つ働きや特徴など、大きく異なる点がいくつかあるのです。今回は、DHAとEPAのそれぞれの違いについてまとめてみました。

DHAとEPAの大きな違いとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)、どちらもオメガ3系の不飽和脂肪酸に分類される成分で、主にマグロやサバなどの魚などから得ることができます。血液をサラサラにする効果や、消炎効果など似た効果もあるため混同されがちですが、大きな違いもあるのです。

まず、それぞれを比較した場合の最も大きな違いで言えば、DHAは脳や網膜まで入り込むことができるのに対して、EPAは血液脳関門を通り抜けることができないため、脳細胞などに直接働きかけることができないという点です。他にも分子構造も少し違い、DHAは炭素が22個二重結合が6個、EPAは炭素が20個二重結合が5個。

DHAは直接脳まで届き、脳内の情報伝達をスムーズにさせる働きがあるとされています。これにより集中力などが高まることなどから、学習能力を高めるためにはDHAの摂取が欠かせないといわれています。近年では、痴呆症の予防や改善効果があると言われており更なる研究が進められています。ちなみにEPAは直接脳に働きかけることはできませんが、血流をアップさせる働きがあるため、脳への効果もちゃんと期待できます。

DHA(ドコサヘキサエン酸)効果・効能

一方、EPAにしかない働きというものもあります。EPAには、やせるホルモンとも呼ばれているGLP-1ホルモンの分泌を助ける働きがあるとされています。このホルモンが分泌されると、インスリンが十分に分泌されるため、肥満の予防や代謝の向上へとつながるのです。これは、DHAにはない働きになります。他にも血小板凝集抑制効果と言われる血栓を防ぐ効果はDHAにもありますが、EPAの方がこの効果は高いです。比較的、EPAよりDHAの認知度が高いようですが、体内のDHAが不足しないように体内のEPAを集めてDHAを生成する働きがあるので、DHAも重要ですが、EPAも重要になるので両方とも不足なく摂取することで最大限の効果が得られるかと思います。

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

違いの説明

血液をサラサラにする効果にも違いがある

DHAとEPAにはそれぞれ、どちらも血液をサラサラにしてくれる効果があるとされています。しかし、両方とも同じ働きをするというわけではなく、違った形で効果を現します。DHAは血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことで、どろどろとした血液をサラサラに変えていきます。それに対してEPAは、血中の血液凝固を妨げて血栓を予防することによって、血液をサラサラな状態に保つのです。結果は同じですが、それぞれの作用にはこのような違いがあるのですね。

まとめ

DHAとEPAには、このように作用や働き、効果に違いがあることがお分かり頂けたかと思います。どちらも似たような作用はありますが、特徴に違いあるためどちらも欠かすことができない栄養素になります。両方合わせて摂取ができる食材などもありますが、毎日食べるとなると大変な場合もあるため、サプリメントなどを活用するのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加