DHA・EPAでダイエット効果

この記事の所要時間: 334

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)にはさまざまな効果があるといわれていますが、実はダイエットにおいても非常にうれしい効果が期待できるのです。それは一体どのような効果になるのでしょうか?今回は、このDHAとEPAのもつダイエット効果についてご説明いたしましょう。

DHAとEPA

よくDHAと聞くと思いますが、DHAとは、Docosahexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)の略です。体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)から生成される不飽和脂肪酸です。主に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素という事から、DHAを摂取すると頭が良くなると言われている成分で一時話題になりました。頭良くなると言われる以外にも様々な効果がありその中にダイエットにも効果的な成分とされています。

詳しくは→DHA(ドコサヘキサエン酸)効果・効能

EPAはDHAと似た働きをするのですが、どちらかと言うとDHAの知名度がありますが、EPAとは、Eicosapentaenoic acid(エイコサペンタエン酸)の略です。こちらは必須脂肪酸で体内では殆ど生成されない栄養素の為、食品やサプリメント等で摂取する必要があります。主に血液関係に対して効果があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防等に良いと言われています。

詳しくは→EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

DHAやEPAには中性脂肪やコレステロールを減らす効果がある

肥満気味になってくると、血中には多くの中性脂肪がたまりがちです。血液中に中性脂肪が増え、燃焼しきれなくなったものは内臓脂肪や皮下脂肪としてどんどん蓄えられていきます。また、中性脂肪が増えることで増加する悪玉コレステロールもまた、脂肪の元になります。これらが溜まっていくことによって、どんどん肥満へと近づいていくのです。しかし、DHAやEPAにはこの中性脂肪を減らす効果があるほかにも、善玉コレステロールを増やす働きもあります。中性脂肪や悪玉コレステロールが減少すると、脂肪も付きにくい身体になるのです。

EPAは体脂肪の増加を抑える働きがある

EPAを摂取すると、GLP-1というホルモンの分泌が促されることがわかっています。このGLP-1は、食欲を抑制し食べ過ぎを防ぐ働きがあることで知られているホルモンです。また、血糖値の急な上昇も抑えてくれるため、体脂肪を体に取り込みにくくしてくれる効果が期待できるのです。消化スピードも穏やかなものにしてくれる働きもあるため、腹持ちが良くなり感触が減るといった効果もあるんです。

ダイエット

DHAには脂肪燃焼を助けてくれる効果もある

さらに、脂肪分解酵素の合成を助けてくれる働きもありますので、溜まってしまった脂肪が分解されやすい体質へと変えてくこともできるのです。これは主にDHAの働きによるものではありますが、脂肪を溜めにくくするだけではなく、燃焼しやすくしてくれる効果も期待できるのは、うれしいことですよね。

血行を促進して代謝をアップさせる

ダイエットにおいて、適度に運動をすることは、食事制限と同様にとても大切なことです。しかし、一生懸命運動をしてもなかなか痩せないという体質の方もいらっしゃることでしょう。このような体質の方に共通しているのは、新陳代謝が悪いということがあげられます。代謝が良い人と悪い人が同じ運動をしても、代謝の悪い人の方が脂肪の燃焼が難しく痩せにくいのです。このような状態では、頑張ってもダイエット効果はあまり期待できませんよね?

DHAやEPAには、血液をサラサラにしてスムーズに流れるよう、血行を促す働きがあります。これによって、新陳代謝が高まるため、ダイエット効果もアップするのです。基礎代謝がアップするだけでも、ぐっと痩せやすくなるんですよ。

DHA・EPAで血液サラサラ効果

まとめ

DHA・EPAには魚の脂に多く含まれている栄養素ですが、ダイエットに脂身?と思うかもしれませんが、不飽和脂肪酸は脂の中でも良い脂の為、適度に摂取することによって中性脂肪を減らしてくれるのです。ダイエット中の食事に青魚やDHA・EPAのサプリメントを摂取してダイエットのサポートに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加