DHA・EPAで中性脂肪を下げる効果

この記事の所要時間: 321

dha

魚などから摂ることができる栄養素のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、中性脂肪を下げる効果があるとされています。これには一体どのような仕組みがあるのでしょうか?DHAやEPAを摂取して中性脂肪を下げることによって、どのようなことが起こると考えられるのでしょうか?今回は、このことについてまとめてみました。

DHAとEPAとは?

DHAとは、Docosahexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)の略です。体内ではEPAから生成される不飽和脂肪酸です。主に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素という事から、DHAを摂取すると頭が良くなると言われている成分で話題になりました。

詳しくは→DHA(ドコサヘキサエン酸)効果・効能

EPAとは、Eicosapentaenoic acid(エイコサペンタエン酸)の略です。こちらは必須脂肪酸で体内では殆ど生成されない栄養素の為、食品やサプリメント等で摂取する必要があります。主に血液関係に対して効果があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防等に良いと言われています。

詳しくは→EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

DHAやEPAは中性脂肪を下げる効果がある

中性脂肪は、血中や皮下脂肪として体に蓄えられるものです。通常人間のエネルギーとして使われるものですが、消費カロリー以上に摂取され余ってしまったエネルギーは、中性脂肪として溜まっていくことになるのです。お腹のぷよぷよタプタプとしたお肉のほとんどは、この中性脂肪ということになります。

この中性脂肪は、主に肝臓で合成されて作り出されるものになるのですが、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取することによって合成が抑えられることがわかっています。さらに、中性脂肪が血中へと分泌されることも同時に抑えてくれる効果があるため、定期的に摂取していくことによって中性脂肪を下げることにつながるのです。

また、DHAやEPAは血液をサラサラにして、血流を良くしてくれる働きもあります。これによって、新陳代謝が高まることで、脂肪の燃焼においても効果的です。このことはより、体内の中性脂肪の減少へとつながっていくのです。

DHAやEPAで中性脂肪が減るとどうなるの?

体内から中性脂肪が減るとどうなるのでしょうか?まず、お腹まわりに中性脂肪がたまっている人の場合は、ダイエット効果が期待できます。もちろん、摂取をしたからといってすぐに期待できる効果というわけではありませんが、お腹周りがすっきりしてくるというのはやはり嬉しい効果でしょう。
また、DHAやEPAを摂ると血中の中性脂肪が減り、動脈硬化の予防にもつながります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧などの生活習慣病などとも深いかかわりがあります。中性脂肪を減らすことは、このような病気の予防や健康維持においてもとても重要な意味のあることになるのです。

日頃から健康を意識されるかたは、中性脂肪を抑えるためにもDHAやEPAはしっかりと摂取をすることが望ましいといえます。特に、炭水化物や糖質を多くとられる食生活の方は、中性脂肪がたまりやすいといわれています。決して即効性があるものではありませんが、少しでも中性脂肪を下げるため、食事に魚を取り入れるなどして、積極的にDHAやEPAを摂取することをおすすめいたします。食事での摂取が難しい場合などは、DHAやEPAが含まれているサプリメントなどを上手に取り入れていくとよいですね。

中性脂肪

まとめ

DHA・EPAと共に身体に重要な脂肪であるため、摂取する必要のある脂肪です。主に青魚なに含まれているので、日本の食生活柄、魚を食べる機会が多いのである程度は食事から摂取できていると思いますが、気になる方はサプリメント等で積極的に摂取してもよい栄養素でもあります。特に魚嫌いな人はサプリメントからの摂取をお勧めいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加