株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

DHA/EPAはドライアイの症状を改善する効果がある

カテゴリー:

ドライアイ

ドライアイは、女性や高齢者に多い病気で、目の不快感の症状を伴います。ドライアイによる患者への負担は大きく、視覚機能、日常活動、職場での生産性に関わってきます。これまでの組織培養、動物、人間モデルの研究を通して、角結膜の炎症が、ドライアイの主要な病因となることが報告されています。多くのドライアイの患者は、症状を抑制し、日常作業に集中する為に人工涙液を使用しています。最近では、抗炎症作用のある食物の摂取がドライアイの抑制に効果があるとして、DHA/EPAを摂取することが勧められています。

栄養サプリメントはドライアイの症状を改善する効果があるのか

 

ドライアイの臨床研究グループは、DHAを豊富に含む栄養サプリメントを摂取することで、ドライアイの症状を抑えることができるのかを調査しました。

実験には、ドライアイの症状があり、人工涙液(涙に近い成分で作られている点眼液)を使用している1419人(女性が74.3%、平均年齢58.9歳)が参加しました。患者は、1日に3個栄養カプセルを飲むことを12週間続けました。栄養カプセルには、オメガ3脂肪酸(DHA/EPA)、ビタミンA、C、E、亜鉛や銅などのミネラル、抗酸化物質が含まれています。カプセルに含まれる高濃度のDHAトリグリセリド(350mg)は、高い抗酸化作用を持ち、細胞の酸化ダメージを防ぐ物質です。

実験前と実験後にカプセルの摂取により、結膜充血、涙膜安定性、目の表面の損傷、涙の生産が改善し、人工涙液の使用を減らせるかについて調査しました。ドライアイの症状については、目のちくちく感、疲れ、かすみ目などのドライアイの症状をなし:0、軽い:1、普通:2、重い:3で評価しました。充血は、なし、軽い、普通、重いで評価しました。涙液層破壊時間は2%のフルオレセインを入れて測定しました。涙液層破壊時間とは、目の表面の涙が乾燥するまでの時間で、ドライアイの患者は、健康な目の患者に比べ乾燥するまでの時間が短いです。

 

実験前と実験後のドライアイの主な症状の平均スコアの比較

 

実験前 12週間後
目のちくちく感 1.56 0.72
目の痛み 1.74 0.79
目のざらざら感 1.43 0.68
目の疲れ 1.20 0.50
目のかすみ 0.98 0.33

 

実験の結果から、栄養カプセルを飲み始めてから12週間で、全てのドライアイの症状がかなり改善されたことが分かりました。全ての症状を合わせたスコアの平均値は、9.67から4.22に下がりました。人工涙液の点眼は、平均3.77から3.45に減りました。角膜の充血は、実験前は普通から重症と答えた患者が401人いましたが、実験後は70人に減少しました。そして、涙液層破壊時間は、7秒から10秒なりました。この結果から、栄養カプセルの摂取により、涙液分泌と、涙膜の安定性が改善されたことが分かります。

 

ドライアイ

アメリカの横断研究によるドライアイの調査

 

アメリカで行われた女性の健康研究の中で、45歳から84歳までの32470人の女性の栄養を調査したところ、そのうちの4.7%にドライアイの症状が見られました。その研究の中で、高いDHAの摂取は、ドライアイの低い発生率に関係があることが報告されています。アメリカ人のDHAの主要な供給源であるマグロを多く食べる人は、食べない人に比べてドライアイの発生率が68%も低いことが分かりました。

 

まとめ

読書や長時間のパソコン使用の際に、ドライアイにより不便を感じている人は多いのではないでしょうか。DHA/EPAは、目の表面の炎症を減らし、涙膜の機能を改善する効果があります。ドライアイに悩む人は、症状改善の為に普段の食生活で魚を多く摂取したり、栄養サプリメントでDHAを補いましょう。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。