DHAのサプリメントの効果

この記事の所要時間: 352

dha

DHAは脳環境を良くする効果があり、青魚やサプリメントから摂取されています。よくお子様に「頭を良くさせたい」と思って食べさせる方も多いですが、実は大人にとっても効果のある成分ということはご存知でしたか?

DHAの働き

DHAとはDocosa exaenoic cid(ドコサヘキサエン酸)の略称であり、主に青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸です。神経系組織や脳の機能を高める働きがあり、記憶力や学習能力を向上させる効果があります。

 

DHAが健康食品として注目されるようになったのは、イギリスで日本の子どもたちの知能指数が高い理由の一つとして、魚を食べる食習慣によるという研究結果を発表したことが発端となっています。

1970年代に行われた研究で、イヌイットは動脈硬化や心筋梗塞による死亡率が低いというデータがありました。野菜を全く食べない食生活にも関わらず、血管にコレステロールが溜まらないという事実に皆が驚きました。これの理由として考えられたのが、彼らが主食にしている魚やアザラシに含まれるDHAです。

DHAは当時110万円以上で取引されるほど希少な物質であったため、研究は難航していました。しかし、1990年に日本で行われたマグロとカツオの眼窩脂肪からDHAを抽出する技術が確立されことにより飛躍的にDHAの開発や研究の道が拓け、今ではドラッグストアやコンビニで手に入るほど手軽なものになっています。

サプリメント

 DHAの健康効果

 

コレステロールを下げる

コレステロールは本来身体にとってに必要な物質ですが、近年食の欧米化によってコレステロールを過剰に摂取しがちな食生活になっています。多すぎるコレステロールは血管壁に付着して血流を妨げ、動脈硬化などの原因になります。

DHAを摂ると、肝臓から放出されたコレステロールが身体の組織に取り込まれやすくなるので、コレステロール値を下げることができます。

 血液をサラサラにする

血液中に含まれる赤血球は、本来毛細血管を通るために柔らかく変形することが可能です。毛細血管は赤血球自体の大きさより細いため、この能力は健康な体にとって不可欠です。しかし、体調を崩すと赤血球の柔軟性が失われ、血流が悪くなります。

DHAには赤血球を柔軟にする効果があり、血液をサラサラにします。これにより血流不全を防ぎ、それから起こる様々な疾患を予防するのです。

 

学習能力の向上

お子様に頭を良くさせたいと思って、魚を食卓に並べる親御様が増えています。まさにDHAの健康効果でもっとも注目されているのはこの脳の発達に与える影響でしょう。

DHAは記憶や学習をつかさどる脳の海馬という部分に多く含まれています。脳に届けられたDHAは脳内の血管に存在する赤血球や細胞膜を柔軟にして、海馬へ栄養を届けます。またDHAは神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを活発にすることから、脳内にDHAが多く届いていると情報を処理する能力が高くなり、その結果記憶力や学習能力が向上します。これらのことから、DHAが含まれる魚を食べるとお子様の頭が良くなると言われています。また海馬は成長期を過ぎても、細胞分裂を盛んに行う器官であることから大人の方々がとっても効果的だと言われています。

 

大人になっても効くDHA

 お子様に対しては脳の健全な発達のためDHAを豊富に含む魚が食べられますが、更年期の方も同じ傾向にあります。それはDHAに認知症やアルツハイマーを予防する効果があるからです。

・認知症

 脳への血流が滞るなどの理由で、脳に酸素や栄養が行き届かずに神経細胞が破壊されて起こる症状です。記憶障害や判断能力の低下などが見られるようになります。

 コレステロールを溜めないようにして、血流を改善させることで予防できるとされています。 

・アルツハイマー

アルツハイマーは、主に海馬を中心とした脳細胞の萎縮によって引き起こされる症状です。物忘れや感情の不安定などが現れるようになります。厳密にはアルツハイマーも認知症の一つに分類されます。

数十年前から研究されている病気にも関わらず、その脳委縮の原因や効果的な薬はまだ見つかっておりません。ですが、DHAがその予防になるという学説が提唱されています。

 現在NGFという神経成長因子が、認知症やアルツハイマーの予防や治療に対する効果が注目されています。DHAを摂取すると、NGFの生産量が4倍以上に増えるという研究結果が出ており、今後の研究において大きく期待されています。

効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加