クランベリーの抗酸化作用の効果

この記事の所要時間: 456

クランベリー 

最近、よく耳にすることの一つに「体が錆びつく」という言葉があります。錆びるとは、酸化

のことで鉄などの金属が錆びるのも酸化ですね!それと同じように人間の体も錆びるそうで

す。原因は、活性酸素。なんと!クランベリーには、活性酸素を抑える抗酸化作用効果があ

るそうです。

活性酸素とは?

日常的にお世話になっているオキシドールで説明すればわかりやすいと思います。オキシドー

ルは活性酸素の殺菌力を利用したものだからです。オキシドールが傷口の消毒(殺菌)をして

くれるように、体内の活性酸素も外部から侵入するウイルスや細菌を殺し、排除する働きをし

てくれています。

体内で酸素を利用し代謝が行われる過程で活性酸素は自然に発生するもので酸素を吸えば必ず

できるものです。本来は、体内に侵入した細菌などを取り除く働きをしています。また、エネ

ルギーを作る仕組みの中であまった水素と結合して水となり対外へ排出する働きなどもしてい

ます。体に必要なものですが増えすぎると妨げになってしまうというのが活性酸素というわけ

です。

活性酸素が必要以上に発生すると、正常な細胞まで傷つけて酸化させます。特に、体内の脂肪

が活性酸素により過酸化脂質という物質になると血管の壁を構成している細胞膜の脂質が酸化

され、血行が悪くなり血管が衰える原因となります。(過酸化脂質とは、活性酸素と脂質と結

合した有害物質、悪玉コレステロール)

酸化は体を老化させて多くの病気や肌のしわ、しみ、白髪、かゆみ、動脈硬化、ガン、生活習

慣病などの原因となります。

肥満

抗酸化作用とは?

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり生活習慣病などの問題がでてきます。抗

酸化作用とは、活性酸素を取り除き体の中を錆付かせないようにすることをいいます。

クランベリーには、ケルセチンというフラボノイドが豊富に含まれていて、ビタミンPという

ビタミンと似た働きをしています。主にビタミンCの働きを助ける栄養素となります。

ケルセチンには、たんぱく質糖質DNAなどが酸素によって酸化を防止するための抗酸化作

用や抗炎症作用があります。血管をしなやかにする、活性酸素によるダメージを防ぐ、血液を

サラサラにする、血管壁や毛細血管を強くし、いわゆる悪玉コレステロールといわれるLDL

コレステロールの酸化を防ぎます。

なお、LDLコレステロール自体は動脈硬化の原因にはなりません。LDLコレステロールが

活性酸素などにより酸化すると酸化LDLになってこれが動脈硬化に繋がります。活性酸素の

数が減れば結果的に酸化LDLになる数も減り動脈硬化のリスクも減ることになります。ま

た、腫瘍の進行を遅らせ、肺やリンパ機能へのガン転移を減少させる効果があることも発見さ

れているそうです。(乳ガン細胞、直腸ガン細胞などへの細胞増殖抑制効果も高く、マウスな

どの動物実験でガン抑制効果が確認されているそうです)

クランベリーに含まれるケルセチンは、フラボノイドの中でも特に強い抗酸化活性を示すた

め、活性酸素による酸化ストレスが関与する症状に効果が期待できるそうです。がん、動脈硬

化、心筋梗塞、糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症、脳卒中、脂質異常症、記憶障害の改善、筋

肉の減少などの生活習慣病の予防に重要な役割を果たすものと期待されています

動脈硬化

抗ウイルス作用

クランベリーは、体を紫外線から守る高い抗酸化力が有名です。クランベリーに含まれるポリ

フェノールが、その働きをしていると考えられています。その性質が抗ウイルス対策にもなる

といわれています。それが本当ならば風邪やインフルエンザの予防になりますね。

抗ヒスタミン剤効果

ケルセチンには、アレルギーを抑制する効果もあるといわれています。腸内環境の改善や、皮

膚バリアの強化作用、非常に高い抗ヒスタミンの効果があるようです。花粉症やアトピー性皮

膚炎のようなアレルギー体質の改善の期待もできるそうです。

ケルセチンには、アレルギーの元となる花粉やハウスダストなどに接触した時、肺や鼻腔、目

の粘膜を炎症から保護するための強力な抗炎症作用もあります。また、鼻水、涙、くしゃみな

どの原因となるヒスタミンを抑制する作用があります。花粉症、副鼻腔炎、気管支ぜんそくな

どのアレルギー症状を抑制する作用に優れているようです。

西欧では、抗ヒスタミン剤として医薬品に認定されるほどアレルギー症状や花粉症に効果が認

められているそうです。

美肌&ダイエット効果

ケルセチンは、肌や体内のありとあらゆるところに作用して、細胞の老化を引き起こす活性酸

素を除去する働きがあるので、肌の若返りへと導いてくれます。また、肝臓に含まれている脂

肪の燃焼・排出を促進する効果や、腸内の脂肪吸収を阻害する効果もあることから、ダイエッ

トへの効果も期待できるそうです。(詳細は、こちらへクランベリー美肌効果

クランベリー

まとめ

酸化っておそろしいですね!特に体内などの目に見えない部分で起きている酸化は、気付いた

時には手遅れなんてことにならぬように日頃から予防を心がけたいと思います。

酸化で思い出したので補足までに……。揚げ物などで酸化が心配なときには、レモン果汁など

をかけていただくと良いですよ!ビタミンCやクエン酸を一緒にとることで体内で過酸化脂質

が作られるのを予防できるそうです。

~関連リンク~

抗酸化作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加