クランベリーに歯周病予防の効果

この記事の所要時間: 434

クランベリー 

なんと!日本人の80%が歯周病だといわれていることをご存知でしょうか?日本は先進国で最

も虫歯の多い国の一つだそうです。これはもう他人ごとではありませんね!すぐにでも予防を

と思ったらクランベリーにも歯周病を予防する効果があったのです。

歯周病とは?

歯周病は、進行すると歯を失う原因ともなり、全身にも悪影響を及ぼします。口臭のもととも

なりますので本当に厄介です。虫歯はミュータンス菌が歯のエナメル質を溶かして内部に入り

込む病気です。歯周病は細菌の感染による炎症性の疾患です。歯周病は、進行の状態により2

種類あり、歯肉炎と歯周炎があります。通常はこれらをまとめて歯周病と呼んでいます。

歯肉炎……歯茎が細菌によって炎症を起こす病気。症状は歯肉に留まっている状態。歯肉炎の初期段階では歯と歯の間の歯茎が炎症を起こすので自覚症状がないことが多く、放っておくと歯周炎へと発展

歯周炎……細菌による感染が、歯肉を通り越して支持組織にまで及ぶ。歯が動く、化膿する。歯茎が腫れる、出血する。歯周病菌によって歯の組織が溶かされるため歯がぐらつく、出っ歯に見える。

歯周病の進行は必ず「歯肉炎」→「歯周炎」に進行します。これは歯肉炎の時点で正しい処置

を行うことで、歯周炎を発症しなくてもすむことを意味しています。

歯周病

歯周病が原因で起こる病気

肺炎

肺炎は、日本人の死亡原因の第3位になっている病気です。肺炎にかかる方の95%は、65

歳以上の高齢者です。65歳以上の高齢者は、食べ物を飲み込む機能が低下するため食道では

なく気管のほうに入ってしまう誤嚥という症状が起きやすいのです。その際に気管に入った唾

液中の歯周病細菌などが肺に感染して起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。高齢者に多く見ら

れる病気の一つです。

動脈硬化

歯周病菌が歯茎から動脈の中に入ると、動脈壁を傷つけたり、動脈硬化を促進する物質を作り

出すため、動脈硬化を引き起こしたり、悪化させたりします。心筋梗塞を起こした患者を調査

した結果、その多くが歯周病を発症させていたことが確認されているそうです。心筋梗塞とは

心臓の血管に血の塊である血栓が詰まることで発症する病気です。原因は血管の動脈硬化であ

り、動脈硬化で作られた血栓が剥がれて心臓の血管につまります。

心臓病

歯周病菌は、現在分かっているだけでも数十種類の細菌があり、そのうちいくつかの細菌が血

液を通って心臓に達すると、心臓病の症状が出たり悪化することが分かっているそうです。

心臓病が起きる仕組みは、歯周病の細菌が心臓の内膜に付着し、心内膜症という炎症を起こす

ことによります。心臓に炎症があると、何かをきっかけに心臓発作を起こす要因になるそうで

す。

糖尿病

糖尿病と歯周病とは、何の関係もなさそうに思えますが、歯周病菌が出す毒素によって、血糖

値を下げるインシュリンの働きが鈍くなり、血糖地を高めるTNF-α(生理活性物質)が分

泌され、血糖値の調節機能が正しく働かなくなるそうです。

早産(低体重児出産)

妊娠中はホルモンの変化などによって歯茎の炎症が起こりやすくなり、歯周病になる人も少な

くありません。早産の危険度を高めている原因です。妊娠の末期なると、プロスタグランジン

という物質が羊水を刺激して出産を促すのだそうです。歯周病菌による炎症がプロスタグラン

ジンの量を増やすために早産が起こります。歯周病の方とそうでない方とでは、歯周病の妊婦

は約8倍もの早産確率になるそうです。

骨粗しょう症

骨を形成するカルシウムを調整する甲状腺の機能が、歯周病菌によって正常に働かなくなるそ

うです。更年期から女性ホルモンの分泌が少なくなり、高齢者の女性は急激に骨密度が減少す

ることに重なると、骨粗しょう症が起こりやすくなるそうです。

網膜症

目の網膜に歯周病菌が入り込むことによって、網膜に炎症が起こり、目が見えにくくなり、か

すんで見えるようになるそうです。ひどくなると、緑内障を発症したり、失明する恐れもある

そうです。

歯周病

クランベリーの効果

クランベリーに含まれるポリフェノール成分のプロアントシアニジンには、口内でも強い抗菌

作用を発揮して、歯周病の原因となる細菌が、口内に付着するのを防ぎ歯周病や歯肉炎などを

予防する口内細菌阻止効果があります。

歯周病の原因になるのは、歯と歯茎の間に溜まってしまう歯垢です。歯垢は、歯磨きが不十分

だったりすると歯に細菌が付着し、増殖することから蓄積されていきます。細菌が少なくなれ

ば、歯垢も溜まらず、歯周病や歯肉炎の予防になります。同時に口臭の予防にも繋がります。

まとめ

歯周病がこんなにも怖い病気だとは、思ってもいませんでした。本当にこうして勉強する機会

があって良かったです。手遅れになる前に予防出来ることはしていきたいと思います。クラン

ベリーという果実に秘められたパワーには、知れば知るほどに驚かせられますね!

~関連リンク~
クランベリーの成分と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加