コラーゲンの効果・効能

この記事の所要時間: 328

コラーゲン

コラーゲンと聞くと、肌がツルツルになる、ハリが保てる、等の美肌効果が高いイメージがあ

ると思います。しかし、コラーゲンは実際には肌だけではなく、骨や臓器にも必要不可欠な成

分なのです。では、コラーゲンを摂取することで体にどのような効果・効能が見込めるのでし

ょうか。

コラーゲンとは何か?

まずは人の体の中でコラーゲンがどんな働きをしているのかを見ていきましょう。

人の体は、約60%を水分、約20%をタンパク質、約15%を脂肪が占めています。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体の約20%を占めるタンパク質のうちの、約30%を

占めています。

体全体でいうと、体重の約6%に相当します。

このことからも、コラーゲンの比重がどれだけ大きいかがわかります。

コラーゲンは体中に存在していますが、割合でいうと約40%が皮膚に、約10~20%が骨

や軟骨に、7~8%が血管に含まれています。

その他内臓にも存在し重要な役割を担っていますが、皮膚への割合が大きいため、美肌に効く

というイメージがついたのでしょう。

コラーゲンの役割は、細胞同士をくっつけたり、支えたり、境界線を作って細胞を形作ること

にあります。

肌や骨のしなやかさを保っているのは、コラーゲンの柔軟な形成力によるものです。

コラーゲンは20歳前後ピークに年齢と共に減少していきます60歳代ではピーク時の約75%ま

で減少すると言われていますから、コラーゲンの生成を早いうちから促すことによって若々し

さを保つ助けとなり美肌に繋がります。加齢以外にもストレスや紫外線・喫煙などが原因で発

生する活性酸素によってもコラーゲンがダメージを受けることがわかってきました。コラーゲ

ンがダメージを受けることによってコラーゲンの代謝が落ちたり変質したコラーゲンが増加し

てしまいますので活性酸素の増加にも注意をしたいところです。

コラーゲンを摂ることに意味はある?

上述したように、コラーゲンはタンパク質の一種です。

タンパク質は体内に入ると、吸収されやすいように小さな分子であるアミノ酸に分解されま

す。

アミノ酸は主に腸管から吸収され、体の細胞を作る材料にされます。

ですから、コラーゲンを摂ってもそのままコラーゲンとして使用はされず、一度アミノ酸に分

解されるので、体のどこに使用されるのかはDNA次第・・・というのが定説です。

つまりコラーゲンを摂取してもコラーゲンの「補給」にはならず、コラーゲンになるかもしれ

ない「材料」を摂取しているに過ぎない、ということです。

しかし、研究が進むにつれて、コラーゲンの一部はコラーゲンペプチドとなりアミノ酸とは違

う形で吸収されて、血液中に長時間存在することがわかってきました。

また、その多くが骨、関節、皮膚に運ばれているという研究結果があります。

コラーゲンペプチドは、体の細胞組織を作る材料になるのではなくて、何らかのシグナルを送

って細胞を活性化させると考えられています。実際コラーゲンを摂取してアミノ酸やペプチド

に分解されて何割がコラーゲンの基になっているかはまだ解明されていませんが、摂取しても

無駄にはなってはいないようですので継続して摂取すれば何らかの効果はあるかと思います。

今後の研究などで明らかになっていくでしょう。

効能

まとめ

コラーゲンペプチドには、骨や関節、皮膚の細胞にシグナルを出して活性化させる効果があり

ますので、老化を抑え、特にロコモティブ・シンドローム防止に効果があるとされています。

体内のコラーゲン生成にはアミノ酸が必須ですので、コラーゲンに加え必須アミノ酸をはじめ

とした多種類のアミノ酸を摂取することで、より効果が期待できると考えられます。さらにコ

ラーゲンと深く関わりのあるグルコサミンも一緒にとれば更なる効果に期待ができるかと思い

ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加