グルコサミンとコラーゲンの違い

この記事の所要時間: 325

コラーゲン

コラーゲンといえば、美肌に必須の栄養素として知られていますね。化粧品のパッケージに

「コラーゲン配合」とよく書かれていますし、コラーゲンたっぷりの○○を食べてプリプリの

お肌に!」なんてキャッチコピーもよく見かけます。でもコラーゲンには美肌やアンチエイジ

ング以外にも重要な役割を持っているのです。コラーゲンは関節痛や膝の痛みを和らげること

にも関係があるのです。ところで関節や膝の痛みにきくものといえば「グルコサミン」もよく

聞きます。この2つの成分にはどのような違いがあるのでしょうか?

コラーゲンって何?

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、カラダを構成するたんぱく質の約30%を占めていま

す。そしてその40%が皮膚に、10~20%が骨や軟骨に存在しています。コラーゲンは、アミ

ノ酸 (グリシン、プロリン、ヒドロシキプロリンなど) がつながったポリペプチド鎖が3本でら

せん構造をとっており、色々な種類がある事から、コラーゲンは約30以上もの種類があります

が、その中のⅡ型コラーゲンは軟骨の50%を占めており、軟骨の弾力性を高めることで、関節

を衝撃から守るクッションのような役割を果たしているのです。

コラーゲンの役割としては、「細胞同士を結び付ける」「支える」「外との境界線をつくる」

という役割で、細胞と細胞の間には、コラーゲンを主成分とする細胞外マトリックスが存在

し、外から細胞を守っており、体が形作られるのはコラーゲンのおかげでもあります。この事

からカラダの中で大事な役割を担うコラーゲンですが、残念ながら加齢とともに生成される量

は減少の一途をたどります。その結果、コラーゲンがその半分を占める軟骨もすり減りやすく

なり、関節痛などを引き起こしてしまうのです。

グルコサミンとは一体?

グルコサミンとは、アミノ糖の一種(ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ酸)で、軟骨の

原料になる成分です。また軟骨を再生したり修復する効果もあり膝の痛みや関節痛に有効であ

るとして有名です。軟骨は年齢とともにすり減り、それが関節痛やひざ痛を引き起こすと考え

られていますが、実はグルコサミンが加齢と共に体内で作られる量が少なくなることもその原

因なのです。軟骨は骨の先端にあり、骨同士がつながっている部分。硬い骨と骨とが直接接す

るのを軟骨が防いでクッションの役割をしています。

グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類に含まれているのですが、十分な量を食事からとるこ

とは難しく、サプリメントや健康食品などで補うことが望ましいと考えられています。

コラーゲンとグルコサミンのタイアップで健康な軟骨に

軟骨は水分、Ⅱ型コラーゲン、プロテオグリカン、軟骨細胞などから構成されています。この

プロテオグリカンに含まれるヒアルロン酸やコンドロイチンを生成するものがグルコサミンな

のです。(プロテオグリカンも加齢と共に体内で作られる量が少なくなります)ちなみにコン

ドロイチンはギリシャ語で「軟骨のもと」という意味です。軟骨の滑りをよくするためにはコ

ラーゲンとコンドロイチンは欠かすことができません。

コンドロイチンは加齢などですり減ってしまった軟骨に保水性や弾力性を与えて、軟骨を修

復・再生することができます。

ですから、コラーゲンとグルコサミンを一緒にとることで、軟骨の機能を守り関節をスムーズ

に動かすことができるのです。

まとめ

コラーゲンとコンドロイチンを生成するグルコサミンは、機能は違いますが、いずれも軟骨の

はたらきを高めて関節痛などの痛みを予防することができると考えられています。健康食品で

この2つが配合されているものが多いのはこういった理由があったのですね。食事だけでの摂

取は難しいのでサプリメント等で足りない分を摂取るのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)