株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コーヒーの成分と効果

カテゴリー:

コーヒー

コーヒーという文字をみるだけであの香りを想像して飲みたくなってきます。この記事を書いている今は、もう秋だというのに暑くてアイスコーヒーが飲みたくてたまりません。というわけで今回は、大好きなコーヒー成分効果のお勉強をしたいと思います。

コーヒーの成分

コーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料になります。コーヒーの成分は約99%が水分です。たんぱく質脂質なども本当に微量ながら含まれていますが、コーヒーそのものには栄養分が存在しません。コーヒーには、カフェイン、コーヒー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノール、褐色色素、ナイアシン(ニコチン酸)、トリゴネリンなどの薬理作用のある成分が含まれています。薬理作用とは、薬物が体に及ぼす影響のことをいいます。

カフェイン

カフェインは、コーヒー豆のほか緑茶・紅茶にも含まれるアルカロイドの一種です。睡眠を誘発するアデノシンの神経受容体をブロックする働きがあります。覚醒作用、鎮痛作用、強心作用、利尿作用※カフェインの詳細と関連記事は以下のリンクからご覧になれます。

カフェインの効果へ)(カフェイン取りすぎの副作用)(カフェインの摂取量

コーヒー

クロロゲン酸(ポリフェノール)

ポリフェノールの一種でコーヒーに含まれるポリフェノールをクロロゲン酸と言います。このポリフェノールが、コーヒー独特の苦味や渋味を出しているのだそうです。抗酸化作用、発がん物質生成抑制、グルコース吸収抑制作用、食後血糖上昇抑制、インスリン分泌作用抗菌性、抗ウイルス活性、抗肥満作用、脂肪代謝調節作用、口臭抑制作用、抗疲労作用があります。

※抗酸化作用の関連記事は、以下のリンクよりご覧いただけます。

(抗酸化作用の食べ物でアンチエイジング)(クランベリーの抗酸化作用の効果

ナイアシン(ニコチン酸)

ナイアシンとは、別名ビタミンB3とも言われています。水溶性ビタミンのビタミン複合体の1つです。熱に強く、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に不可欠です。循環系、消化系、神経系の働きを促進する作用があります。脂質代謝改善作用、血中コレステロール低下作用、善玉コレステロール増加作用

コーヒー酸

ポリフェノールの一種で、カフェ酸、カフェイン酸とも呼ばれる。リグニン生合成の重要な中間体で全ての植物に含まれています。リラックス効果、制癌作用、動脈硬化抑制作用。 (LDL酸化防止)

タンニン

タンニンは、タンパク質、アルカロイド、金属イオンと反応し強く結合して難溶性の塩を形成する水溶性化合物です。植物由来の成分になります。口に入れると強い渋味を感じるのは、舌や口腔粘膜のタンパク質と結合して性質が変わるためのようです。このタンニンにより粘膜の性質が変化することを収れん作用と呼ぶそうです。タンニンが渋味を感じさせるためには、タンニンの水溶性が高く唾液に溶けこむ必要があります。渋柿を甘くするために干し柿にするのは、この縮合タンニンの重合度が増したことなどによって不溶化すると渋味を感じさせなくなる性質を利用しているからです。タンニンの収れん作用は粘膜からの分泌を抑える働きがあるので、内服すると止瀉作用や整腸作用の効果が得られます。

 

褐色色素

メイラード反応(褐変反応)によって生じる褐色色素のことをメラノイジンと呼びます。メラノイジンは酸素や窒素を含む、多様な高分子化合物からなる混合物です。メラノイジンは、それ自身がフリーラジカルですが同時にラジカル捕捉剤としての作用を持つため、食品の酸化を抑制する働きがあります。この作用には、メラノイジンが金属とキレートを生成して封じ込めることが関与しているとも言われる。コーヒーの褐色色素は特に苦味物質といわれています。 

トリゴネリン

神経系に対する薬理作用が研究されています。脳の老化、アルツハイマー型認知症を予防する効果があります。糖尿病改善、耐糖能改善インスリン抵抗性、ヘモグロビンA1c、脂質代謝改善

コーヒー

その他の効果

・コーヒー飲用により麻薬中毒者や禁煙中の人の禁断症状が少し緩和されるといわれている。

・低血圧症、高血圧症の場合、血圧値を正常値に戻す働きがあると指摘されている。

・善玉コレステロールを増やすなど心筋梗塞の予防にも役立つとの指摘もある。

・豊富な抗酸化物質を含むため肌の張りをよくし老化を防止する効果があるといわれている。

まとめ

今や日本人の文化にすっかりと溶け込んでいるコーヒーですが、まだまだ解明されていないことも多そうですね。色々な噂も耳にしますので真相はどうなんだろう?と気になるところです。特にコーヒーでダイエットができるという噂が気になっている私です……。

~関連リンク~

ダイエットにコーヒーが効果あり

コーヒーカフェインの効果

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU