疲労回復にコエンザイムQ10効果

この記事の所要時間: 332

疲労

コエンザイムQ10には、疲労回復効果があります。スポーツをなさっている方には既にお馴染みかもしれませんね!まだご存知ない方に簡単ですがお話ししたいと思います。

コエンザイムQ10で疲労回復

コエンザイムQ10の代表的な効果といえば、エネルギー産生と、強力な抗酸化作用があることです。各細胞内に存在するミトコンドリアで、エネルギーを産生するサポートをしている補酵素のコエンザイムQ10は、疲労回復にも効果を期待できます!!!

エネルギーの産生

ミトコンドリアの内部では、酸素と栄養素を燃焼させることによりATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー物質を作る作業が継続的に行われています。これをクエン酸サイクル(TCAサイクル)と呼びます。補酵素の仲間であるコエンザイムQ10は、このクエン酸サイクルを助ける働きをしています。この働きでコエンザイムQ10が不足していると、 ATPの産生が滞り、色々な支障が出てくることになります。

抗酸化作用

クエン酸サイクルにおいて酸素は、無くてはならないものです。しかし、クエン酸サイクルの流れの中で一部は、ミトコンドリアにより活性酸素に変化してしまうそうです。活性酸素は、健康な細胞にまで悪い影響を与えてしまいます。活性酸素は、水に変化する時に周囲の細胞から電子を奪います。これにより細胞が酸化してしまいます。この時に活性酸素から細胞を守ってくれるのが抗酸化物質になります。

疲労回復

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10は、運動する最中の持久力を高める効果だけでなく、運動後に伴う疲労も軽減できるといわれています。スポーツなどで激しい運動をすればどうしても体内の活性酸素が増えてしまいます。この活性酸素は、健康な筋肉細胞を攻撃して、疲労感をもたらしてしまいます。ですが、コエンザイムQ10を摂取することで、身体のすみずみにまで酸素が行き届くようになります。筋肉を使うと乳酸などの疲労物資物が増え、それが蓄積するとエネルギーが出しにくくなるという悪循環が起きてしまいますが、コエンザイムQ10を摂取してから運動をすれば、コエンザイムQ10の抗酸化作用によって疲労物質の増加が抑えられるのです。これで疲労感が減り回復も早くなるのです。運動中、運動後の両方に効果を発揮してくれますので、スポーツの時の必需品になりそうですね!スポーツ選手やハードに体を動かす様なお仕事をなさっている方の疲労回復&運動能力アップのサポートアイテムとしてもオススメです。

疲労の原因は何か?

人の体は、筋肉を酷使するような運動をしたり、ずっと同じ姿勢のままで筋肉を使用することにより、血液の循環が悪くなります。筋肉疲労とは、筋肉中にたまった、疲労物質が神経を刺激し、痛みを感じる状態のことです。エネルギー供給が十分あっても長時間の負荷やストレスにより疲労が発生します。運動により、筋肉中に乳酸が蓄積されます。乳酸が多くなると、組織や血液が酸性に傾き細胞の活動が低下してしまい疲労へと繋がります。タンパク質をエネルギー変換する時や、古くなった細胞が分解される時に生成されるアンモニアは、中枢神経の機能低下や筋肉中の乳酸の生成を促進するので疲労の原因となってしまうのです。

デスクワークや冷えでも筋肉疲労の原因に…

デスクワークやパソコン作業などでも肩こりや腰痛などになります。継続して長時間、同じ姿勢を続けると、筋肉も緊張状態が続き血流も悪くなります。血流が滞ると疲労物質もたまりそれが原因となり痛みを引き起こしてしまいます。また、誰にでも経験があることでしょう。寒いときには、ついつい体に力が入ってしまいます。体が冷えると全身の血流が悪くなり、筋肉疲労の原因となるのです。女性に多い冷え性も、同じく筋肉疲労の原因になります。

疲労

まとめ

身体の疲労は、ため込まないことが一番ですが、忙しくて休んでいる暇もない!どうにもならない!という事があるかと思います。そんな時には、コエンザイムQ10などの疲労回復効果のあるサプリなどを意識して摂ると良いかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加