株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コエンザイムQ10が含まれる食品や食べ物

カテゴリー:

コエンザイムQ10

話題のコエンザイムQ10は抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やアンチエイジングなど多くの効果があると考えられています。こんなに多くの効果があるなら、日々の食卓に積極的に取り入れたいものですね。コエンザイムQ10はどのような食品に多く含まれているのでしょうか?1日にどれくらい摂取するのが理想的なのでしょうか?ここでは、コエンザイムQ10が多く含まれる食品と、どれくらい摂ればいいのかを説明します。

■コエンザイムQ10を含む食品

コエンザイムQ10は、肉や魚、野菜、芋類、大豆製品、ナッツ類、卵など多くの食品に含まれています。
こんなに多くの食品に含まれているのなら、「不足がちになるのをそんなに心配することない。なんであんなにサプリメントを売っているのかしら?」と疑問に思うかもしれませんね。
確かにコエンザイムQ10は多くの食品に含まれているのですが、量はどれをとってもごくわずかなのです。
ですから、必要なコエンザイムQ10を摂るにはかなりの量を食べなければなりません。

■どのくらい食べるのが理想的?

1日当たりの摂取量の目安は30から300mgと目的に応じて幅があります。
もし、100mgのコエンザイムQ10を摂るとしたら何をどのくらい食べればいいのでしょうか?

・肉・魚類からコエンザイムQ10を摂るなら

コエンザイムQ10は肉や魚といった動物性食品に多く含まれていますが、特に多いのがイワシです。
100gのイワシには6.4mgのコエンザイムQ10が含まれています。
でももし、イワシだけで1日に必要な量を摂取しようとしたら、1匹60gとして計26匹も食べなければなりません。
牛肉だったら、なんと約3kgもの量が必要になります。大食いの人でも流石に無理です…

・野菜・豆類からコエンザイムQ10を摂るなら

野菜や豆類でコエンザイムQ10を多く含んでいるのは、ピーナツやホウレン草、ブロッコリーです。
ホウレン草は100g中に1.0mg、ピーナツが2.7mgとされています。
ホウレン草は1束で約200gですから、大変な量になることは簡単に想像できますね。こちらも普通に考えたら不可能です…

・オイル類

毎日使う調理油にもコエンザイムQ10は含まれています。
例えばコレステロール値を下げてくれる菜種油や、骨粗しょう症を予防する効果が期待できる大豆油には小さじ一杯あたり約1.3mg程度のコエンザイムQ10が含まれています。
とはいっても、100mgコエンザイムQ10を摂取するには400㏄近い油を食べなければならない計算になります。仮に摂取したら同時に3,500kcalものカロリーを摂ることになるので、非現実的ですし、かえってカラダに悪そうに感じてしまいますね。

コエンザイムQ10

■まとめ

コエンザイムQ10を多く含んでいる食品を数多くありますが、食事だけから必要摂取量を摂ることはちょっと難しいようですね。
効率よくコエンザイムQ10を摂取したいのならやはりサプリメントがおすすめです。基本的に食事からとるのが理想ですが、どう頑張っても無理な物もあります。そういった場合は(特にコエンザイムQ10)積極的にサプリメントから摂取するのが一番です。とは言え、普段の食事内容を充実させつつ、足りない分はサプリメントで!


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。