株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コエンザイムQ10の摂取量と副作用

優れた抗酸化作用をもち、健康な生活に欠かせないコエンザイムQ10は多くの食品に含まれていますが、その量はどれもごくわずか。必要な量を継続して摂るにはサプリメントを飲むのが現実的ですが、どのくらいの摂取量が必要なのでしょうか?
気になる副作用はあるのでしょうか?

■コエンザイムQ10の副作用は?

コエンザイムQ10は本来カラダで十分な量が生成されるのですが、加齢や生活習慣、ストレスなどの影響で不足しがちになってしまいます。
特に加齢による影響は大きく、20歳代がピークで、80歳代になると20歳のころに比べて生成される量は半分になってしまうと言われています。

健康な生活を送るには手軽にとれるサプリメントを利用するのがおすすめです。

コエンザイムQ10の摂取量は、年齢や目的によってまちまちです。
実際のサプリメントの容量では、1日あたり30~300㎎と容量に違いがあります。これだけ差が有るのでしっかりと目的を合わせて摂取しないと本来の目的にたどり着きませんので、しっかりとサプリメントの含有量とかを見て摂取してください。摂取量目安として、初めてコエンザイムQ10をサプリメントで摂る、または健康維持が目的の場合は1日当たり50㎎程度、美容やアンチエイジング目的なら100㎎程度、激しいスポーツを行っている場合は100㎎~300㎎がいいでしょう。スポーツやっている人が、50mg程度を毎日飲んでいても意味がありませんね。

■コエンザイムQ10をサプリメントでとる際に注意してほしいこと

コエンザイムQ10は、もともと体内で生成される成分ですので、サプリメントから摂取してもたいていの場合は副作用は起こらないでしょう。
もちろん、これは用量を守ったらの話です。
もし高い効果を求めてあまりにも過剰摂取を続けた場合は、腹痛や頭痛、発疹、めまいといった副作用を起こす可能性があります。本来、コエンザイムQ10に限らず過剰摂取は身体に良くもなく吸収も全てしてくれませんので摂り過ぎには注意してください。

気を付けなくてはならないのが、薬との飲み合わせです。
例えば、コレステロールや血糖値を下げる薬を使用していると、コエンザイムQ10の効果を感じにくいかもしれません。
病院で薬を処方してもらっている方は、かかりつけ医に相談してからコエンザイムQ10を摂取した方がいいでしょう。
また、胎児や乳児に対して安全かどうかははっきりとしていないため、妊婦中や授乳中の女性にはおすすめできません。
子供の場合は、必要なコエンザイムQ10を体内で生成することが可能です。
サプリメントから摂取してしまうと、体内で生成する機能が衰えてしまうかもしれません。
ですから継続的にサプリメントから摂取するのは、早くても20代後半くらいからがいいでしょう。

また、コエンザイムQ10は脂溶性なので、食事の後に飲んだほうが効果的でしょう。
ビタミンCビタミンEと一緒にとると抗酸化作用がさらにアップすると言われています。

■まとめ

サプリメントは確かに手軽ですが、2倍飲んだからといって2倍の効果があるわけではありません。普段の食事もバランスのとれた内容をこころがけ、サプリメントを使う際は、用量を守り適度な摂取を心がけましょう。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU