クロレラの持つ健康成分の効果

この記事の所要時間: 329

効果

クロレラの持つ成分は人体の健康に大きく役立っています。活性酸素を除去する抗酸化作用

や、生活習慣病を予防する効果を持ち、近年では広い分野において健康食品として使われてい

ます。クロレラを食べて、健康的な身体を作りましょう。

クロレラって何?

クロレラとは淡水に生息する緑藻類であり、ギリシャ語で緑色を意味する「クロロス」と、ラ

テン語で小さなものという意味の「エラ」を組み合わせて名付けられました。その大きさはわ

ずか68ミクロンとごく微小であるため、クロレラが入っている商品にはたった1パックで何

兆個ものクロレラが含まれています。クロレラにはミドリムシなどと同じ単細胞生物であり、

その細胞の一つにあらゆる器官や栄養が配合されており、タンパク質アミノ酸ビタミン

ど多くの栄養素が含まれています。

クロレラはどうやって発見されたの? 

現代日本では様々な健康食品に使われているクロレラですが、そのはじまりは約120年前にオ

ランダの微生物学者バイエリンクによって発見されたことです。それから当時食糧不足だった

第一次世界大戦中のドイツで、クロレラを食料源とするための研究が始まりました。戦争の激

化により一時研究は中断されましたが、ノーベル医学賞を受賞したドイツのオット・ワールブ

ルグ博士が、光合成の研究にクロレラを取り上げたことを契機に、第二次世界大戦後にアメリ

カでクロレラの本格的な研究が開始され、NASAが宇宙食としての利用を検討したこともあっ

て注目を集めました。

そして日本では1951年にクロレラを食品として利用する研究が始まりました。東京大学に在籍

していた田宮博教授が屋外での培養研究に着手し、日本におけるクロレラ研究に大きな役割を

果たしたと言われています。多くの研究者の働きによって、1959年に日本クロレラ研究所が設

立され、クロレラの大量培養の成功、健康製品の開発へと発展していきました。

 クロレラの持つ健康成分

クロレラには、人体に必要な栄養成分が多く含まれています。9種類もの必須アミノ酸

食物繊維ミネラルビタミンをバランス良く摂ることが出来ます。

また、活性酸素を除去する抗酸化作用も持っています。ほうれん草などに含まれているカロテ

ノイドの一種であるルテインが多く含有されており、その量は一般的な緑黄色野菜の10倍以上

です。野菜などから必要な量を摂ろうとすると、ほうれん草では4.5株ほど食べなくてはいけ

ませんが、クロレラが配合されている健康食品をとれば手軽に摂取できます。

クロレラの持つ健康効果は抗酸化作用の他にコレステロール値の低下作用や高血圧の改善など

様々な効果があります。生活習慣病の予防に役立つ効果が多く、自身の食生活に不安を抱いて

いる方にお勧めです。

食事

クロレラを飲む際の注意点

クロレラを含む食品を食べると、血栓症の予防や治療に処方されるワーファリンの効果を減少

させることがあります。ワーファリンは肝臓で血液凝固因子を作らないようにして、血液の凝

固を抑える作用があります。本来肝臓ではビタミンKを原料にして血液凝固因子を作っていま

すが、クロレラ食品にはビタミンKが大量に含まれているため、この一連の作用を妨げてしま

しまいます。

ワーファリンを服用している方は、クロレラやほうれん草、納豆などビタミンKを含む食品を

摂ることは避けましょう。

また痛風の方もクロレラをあまり摂らないよう気を付けてください。痛風は体内にプリン体を

多く取り入れてしまい、血液中の尿酸が過剰になって引き起こされる症状です。クロレラが含

有されたサプリメントはプリン体が多く含まれていますので、摂り過ぎると症状を悪化させか

ねません。

あまり過剰症や欠乏症のない食品ですが、ビタミンKやプリン体を気にすべき症状の方はクロ

レラを食べないよう気を付けましょう。

効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加