胃がんの原因を除去して胃がん予防

この記事の所要時間: 337

stomach

胃がんは日本人に多いがガンの1つで肺がんに続き2位のガンです、胃がんになる前にマヌカハニー胃がんの原因となる物を除去して胃がん予防をに努めれば胃がんも怖くない。

胃がんとは

women_ol_2

胃がんは、胃壁の最も内側にある粘膜の細胞に発生が、何らかの原因でがん細胞になったもので、内側の粘膜から徐々に粘膜下層、固有筋層、漿膜へと外側に向かって、がんが広がっていきます。胃がんは発生してから見つかるまでは何年も掛ることも多く、なぜなら初期の段階では30〜60μmの大きさで、年単位の時間がかかって5mm程度の大きさになってやっと発見されるのです。胃がんが進行するとがん細胞は胃の壁の中に入り込み、近くにある大腸、肝臓、膵臓などにがんが周囲に染み出るように広がります。また胃がんの中で恐ろしいのが”ステルス胃がん”と言う特殊な胃がんがあり、胃の壁の中を染み出るように広がり、粘膜の表面にはあまりあらわれない種類の胃がんです。これは、胃の粘膜面へがんが突出することが少なく、X線検査や内視鏡検査でも発見が難しい場合がおおく、早期発見が特に難しいとされており、進行した状態で発見されることが多く、治療が難しい恐ろしい胃がんです。

胃がんの主な症状として
  • 食思不振、悪心・嘔吐…食欲がなくなったり、ムカムカして吐いたり。
  • るいそう、全身倦怠…食思不振や悪心・嘔吐によって痩せたり倦怠感があり、食事をちゃんと摂取していてもがんに栄養を取られたり、がんからの出血のために痩せたり脱力感に陥ること。
  • 吐血・下血…血を吐いたり便が黒くなったりすること。
  • 腹痛・腹部不快感…みぞおちやヘソの上などが痛む場合や食事の前後に腹部に鈍痛やすっきりしない感じがする。
  • 胸焼け…食道と胃の境界にがんができると食物の流れが悪くなり、食後にものがつかえたり、こみあがってきたりすることもある。

胃がんの原因

Senior man having sudden chest pain, suffocating

胃がんの原因とされるものはいくつかの要因が指摘されており、代表的なのが

  • 喫煙(タバコの発がん物質は唾液に溶けて胃に入るので胃がんの原因)
  • 食生活(夜食、早食い、食べ過ぎ)
  • 多量の飲酒
  • 多量の塩分(塩分摂取の多い地域で胃がんが多い)
  • ストレス
  • ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)(菌の持続感染などが原因)

特にピロリ菌が原因として注目されており、(ピロリ菌についてはこちらある研究では、”以前は胃癌の患者さんでピロリ感染者は70%程度でしたが、最近は精度の高い方法で調べると胃癌患者の99%がピロリ菌感染者”と言われてます。このことから、胃がんの大きな原因とされるピロリ菌を除去すれば胃がんの予防につながると言われております。

マヌカハニーでピロリ菌除菌

P1020179

マヌカハニーにはMGO(メチルグリオキサール)という強力な殺菌作用があり、ある研究で、5%の濃度のマヌカハニーではピロリ菌を殺菌し、2.5%の濃度でも局部的な殺菌を行ったという研究結果が報告されております。(マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について)特にMGOの数値が高いほど殺菌力が強い為、効率よく殺菌するには数値を高い物を摂取することをお勧めいたします。1日に3-4回ほどティースプーンに掬って空腹時に摂取するのが一番効果的と言われております。またマヌカハニーは大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌などの腸内細菌の殺菌に効果的で、逆に乳酸菌などの善玉菌の活動を活発化させます。薬でのピロリ菌除菌には強力な抗生剤を使うことから、体にはそれなりの負担もかかり、有用な菌までも殺してしまいます。マヌカハニーでしたら日々の予防としても摂取することができます。

まとめ

胃がんの大きな原因とされるピロリ菌を除菌予防をすれば胃がんのリスクを避けられます、ピロリ菌の発見には検査が必要ですが、日々の予防として普段から摂取すればピロリ菌以外にもマヌカハニーの凄さを体験できると思います。                     マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について           ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)