株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ベビーリーフが持つ栄養価

ベビーリーフは彩りのいい葉野菜として知られていますが、実は豊かな栄養価を持つ健康食材の代表格と言うことをご存知でしたか?若い葉菜が持つ良質な栄養を摂って、多くの健康効果を実感しましょう。

ベビーリーフとは

ベビーリーフとは発芽してから10~30日以内に採取された若い葉菜の総称であり、主にサラダなどに使われています。ロロロッサやルッコラなどの数十種類もの葉が使われており、彩りが良くなるよう混ぜられています。

ベビーリーフの栄養価

一般的なベビーリーフの栄養価(100mg中)はこのようになっています。

鉄分 1.0mg、カルシウム 60mg、カロテン 2300ug、ビタミンC 20mg

小さい見た目ですが、割合辺りの栄養価はかなり高くどの野菜にも劣らない栄養量を含んでいます。しかも生で食べられるため調理の過程で栄養が失われることもなく、そのまま食べられるのが長所です。

ベビーリーフの健康効果

ベビーリーフは若く栄養をたくさん含んでおり、様々な健康効果が期待できます。

若々しい身体と肌を作る

優れた抗酸化作用を持つビタミンCによって、老化の原因となる活性酸素を体内から取り除いて身体を若々しく保つことができます。人体は紫外線やタバコの煙、あるいはストレスなどの刺激によって活性酸素が生まれます。適量であれば問題ないのですが、不健康な生活習慣や過剰なストレスなどによって必要以上に生成されがちです。多すぎる活性酸素は細胞を傷つけて老化や免疫力の低下などマイナスの効果を招きます。ベビーリーフの持つ優秀なビタミンCは、この活性酸素を除去して健康な身体を作ってくれる効果があるのです。

さらにビタミンCは、人体を構成するコラーゲンを合成する時に必要な補酵素でもあります。コラーゲンは肌の奥深くにある真皮に含まれる成分であり、肌の健康を保つのに必要不可欠です。ベビーリーフには、コラーゲンの生成をサポートして若々しい肌を保つ作用もあります。

骨を強くして、骨粗しょう症を予防する

カルシウムと言えば牛乳のイメージですが、野菜ではベビーリーフが随一の含有量です。骨や歯はカルシウムが主要な成分となっており、身体を支える大事な役割を果たしています。骨が弱いと、歩いたり姿勢を保ったりする動作ができなくなりますので非常に重要な器官です。

骨は日々生まれ変わっているため、カルシウムを継続的に摂ることが大切です。特に女性の場合は、閉経後女性ホルモンの分泌が減ることで骨密度が低くなるため骨粗しょう症になりやすく注意が必要です。さらにダイエットなどでカルシウム自体の摂取量が減っていたり運動不足になり骨に刺激を与えなくなっている場合はなおさらです。骨粗しょう症を予防するためには、毎日カルシウムを摂取しておくことが何よりも重要です。大体ベビーリーフを200mg食べておくだけで十分な量のカルシウムが摂取できます。

貧血を予防して、全身に栄養を行き渡らせる

言うまでもなく女性は貧血になりがちであり、貧血の状態ではめまいや不快な気分が続いてしまいます。ベビーリーフには鉄分も豊富に含まれていますので、貧血を予防することができます。

さらに全身に栄養を吸収しやすくする効果もあります。血液が足りていない状態ですと、酸素だけでなく栄養も十分に全身の細胞に届けられないため疲労が続いたり免疫力が低下して病気が治りづらくなってしまいます。鉄分をとることで不足しがちな血液を補給して、かつベビーリーフに含まれる様々な栄養素を身体全体に届けて健康な状態を保ってくれるのです。

ベビーリーフにはこの他にもたくさんの健康効果があり、身体を元気にしてくれる食材です。食卓を彩って、かつ栄養のあるベビーリーフをぜひ一度お楽しみください。

関連記事:『栄養豊富なベビーリーフの効能』

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU