アミノ酸の種類と効果⑭ 非必須アミノ酸(アスパラギン酸)

この記事の所要時間: 413

300px-Asparaginsäure_-_Aspartic_acid.svg

アミノ酸は約500種類近く存在します。その中で人間に必要な種類必須アミノ酸9種類と、

非必須アミノ酸11種類に分けられ、非必須アミノ酸アスパラギン酸効果効能をまとめてみました。

必須アミノ酸(リジン・メチオニン・トリプトファン)

必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロンイシ)

必須アミノ酸(フェニルアラニン・ヒスチジン・スレオニン)

非必須アミノ酸(アルギニン)

非必須アミノ酸(アラニン)

非必須アミノ酸(アスパラギン)

非必須アミノ酸(L‐システイン)

非必須アミノ酸(グルタミン)

非必須アミノ酸(グルタミン酸)

非必須アミノ酸(グリシン)

非必須アミノ酸(セリン)

非必須アミノ酸(チロシン)

アスパラギン酸

300px-Asparaginsäure_-_Aspartic_acid.svg

アスパラギン酸とは、アスパラギンと同じくアスパラガスに多く含まれるアミノ酸の一種で

す、アスパラギンの加水分解物として発見されました。アスパラギン酸は体内でのエネルギー

生成を促進し、カリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに

変える手助けをするため、疲労を回復効果や、利尿作用があるため、毒性を持つアンモニアを

体外へ排出する効果があります。他にもうまみ成分を持つアミノ酸でも有名です(砂糖の200

倍の甘みがある)。アスパラギン酸は、中枢神経で働く興奮系の神経伝達物質でもあり、大脳

皮質や小脳、脊髄に存在し、水にやや溶けにくい性質です。体内で合成することができます

が、加齢とともに合成量が減少するため、食事から積極的に補う必要がありますが、熱に弱い

性質があるので食事から摂取する際は加熱をしすぎないのがお勧めです。またミネラル類(カ

リウム、マグネシウム、カルシウム)を運ぶ役割があるので、ミネラル類と一緒に食べるのも

効率よくミネラル類を吸収する効果があります。

アスパラギン酸が欠乏すると、エネルギーを生み出しにくくなるため体が疲労しやすくなりま

す。他にも、アスパラギン酸の働きであるアンモニアの排出が滞ることで血中のアンモニア濃

度が高まり、肝性脳症などのリスクが高まります。過剰摂取にかんしては特に問題はありま

せん。

マヌカ684x200

効果

  • 疲労回復効果

アスパラギン酸は、クエン酸回路に働きかけ、疲労のもとと言われている乳酸の分解を促進します。クエン酸回路とは、糖質の代謝の要であり、エネルギーをつくり出す重要な役割なのです。クエン酸回路がうまく働かなかった場合は、乳酸が蓄積して疲労が溜まります。乳酸は筋肉疲労の原因と言われており、大量に蓄積されると体の冷えや頭痛などを引き起こす原因にもなります。クエン酸回路を効率的に回すには、カリウムやマグネシウムといったミネラルが必要です。アスパラギン酸は、カリウムやマグネシウム等のミネラル類を細胞に取り込みやすく効果もあるので、クエン酸回路を円滑に回すことで、乳酸をエネルギーに変換し、疲労を回復させる効果があります。

  • 体調を整える効果

アスパラギン酸は人間の体液のバランスを整える効果がありあます。人間の身体は約50~70%が水分でできています。水分の内、約3分の2が細胞内液、約3分の1が細胞外液として存在し、これらのバランスによって体調が変化します。人間は日常でストレスが溜まったり、病気になると細胞内のビタミンやミネラルを消費し、体液のバランスが乱れてしまい、体調不良を起こします。アスパラギン酸は不足しているカリウム、マグネシウムを細胞の中に運び、体液のバランスを整える効果があります。

  • アンモニアを解毒効果

尿の合成を促進する効果があり、有毒なアンモニアを体外へ排出します。アンモニアはたんぱく質の分解によって作られ、健康な体の場合は尿の中へ溶け出し、体外へ排出されます。有毒なアンモニアが体内に蓄積されると、神経伝達物質の働きが阻害され、さらには脳症などを引き起こしてしまいます。アンモニアは細胞の中にあり、エネルギーをつくり出す器官であるミトコンドリアの働きを衰えさせます。そのため、アンモニアの量が過剰に増えることで、エネルギーがうまくつくり出せず、疲労の蓄積や組織の老化、免疫力の低下を引き起こします。アスパラギン酸はアンモニアを排出する働きがあり、肝臓の負担を減らすと言われているので、お酒を飲む人には良いでしょう。

  • スキンケア効果

アスパラギン酸には肌の新陳代謝を促進し、保湿をする効果があります。肌は毎日生まれ変わりを繰り返すことで、健康な状態を維持しています。この生まれ変わりを新陳代謝といいます。またアスパラギン酸は角質の水分を保持し、肌の潤いを保ちます。

アスパラギン酸の摂取方法

06007-1g[1]

  • アスパラガス
  • 大豆もやし
  • サトウキビ
  • 牛乳
  • 鶏肉・豚肉

ローヤルエイト_684x200

まとめ

アスパラギン酸はローヤルゼリーにも豊富に含まれています。ローヤルゼリーには他にも栄

養価の高い成分が含まれています。日々の健康維持に摂取するにはお勧めです。

ローヤルゼリーの成分と効果効能と副作用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加